PiTa memo

しょぼいエンジニアの備忘録

MacBookProの動作を速くしてみた!

こんにちは.PiTaです.

 

今回は MacBookProのメモリを増設にしたら,すごく快適になった!というお話です.

最近,ずーっと欲しかったiMac 27inchを買ったので,それを母艦にしていたのですが,やはり,ラップトップ使いたいな…ってなりまして,本気で問題を解決することに.

 

対象のモデルは以下の通り.

モデル: MacBook Pro 13inch Late2011

OS: Sierra

メモリ: 4GB

 

どれだけ遅かったかというと,safarigoogle検索がまともにできないくらい.文字入力の反応が遅すぎて最近ずっと使っていませんでした.ソフト的にできることはやってみましたが,どれも効果ありませんでした.OSのダウングレードやクリーンインストールも一瞬考えましたが,めんどうなので却下.そんな状況で見つけたのがこの記事.

moooii.com

 

メモリを差し替えて電源入れてみたら…

 

すごく速くなったwww

 

でも…

うわっ…わたし…メモリ使いすぎっ…!

f:id:pitamemo:20180128213824p:plain

 

safariを立ち上げてブログ書いているだけで10GB強も使っていますね.

メモリ増設前のキャプチャを撮り忘れましたが,スワップ領域をかなり使っていましたね.

私のmacbookはHDDなので,それでも余計に遅くなっていたのでしょう.

ケチらずに16GBにしてよかったです.

 

macの動作が遅くて,かつメモリに余裕がなさそうであれば,メモリ増設を検討してみてはいかがでしょう.最近のモデルはできなくなっているものもあるとかないとか.

16GBで¥15,000くらいでしたので,PC本体を買い換えるより全然安上がりです.

メモリの交換作業も簡単です.冬場は静電気に気をつけてください.

 

これでブログの更新頻度が増えるかも…?笑